アクセス地図

アクセス地図 WEB掲載アクセスマップの作成ポイント

アクセス地図(マップ)

地図は、日常生活や社会生活において必要不可欠な存在です。
 
特にホームページやパンフレットなどに掲載するアクセス地図は、お店や施設など訪問客を導く大切な道標です。
 
訪問客は、アクセス地図を頼りに目的地へ向かいます。
このためアクセス地図は、はじめての訪問客でも間違いなく目的の場所へ導くように書かれている必要があります。
アクセス地図の作成ポイントを紹介します。
 
マイクロソフトのExcelにてアクセス地図を、簡単に作成するには
  ==> Excelでアクセス地図作成方法 を参照ください。
 

アクセス地図の作成ポイント

アクセス地図の目的は、訪れる人を間違いなく目的地へ導くことです。
したがって地図を見て簡単に理解でき目的地へ行けるように書かれていることが大切です。

起点を明確に

アクセスマップを作る上で目的地周辺を考慮する前に、目的地へ向かう手段と起点となる場所を想定します。
 
目的地へ向かう手段には何があるか? 徒歩、電車、バス、車などです。
 
次に目的地へ向かう起点は何処? を想定します。
これにより目的地に向かう手段「何で」と起点の「何処から」が明確になるでしょう。
この起点を明確にすることにより、アクセス地図の範囲が決まります。
 
例えば、
・徒歩でxx最寄り駅から=> 最寄り駅が起点
・徒歩で最寄りバス停から=> 最寄りバス停が起点
・車でxx高速道路の最寄りインターチェンジから(高速道路の場合)=> インターチェンジが起点
・車でxx国道のxx交差点から(一般道の場合)=> 交差点が起点
 
ケースにより起点が複数になる場合もあるでしょう。
例えば、異なる鉄道の最寄り駅が各々ある場合やなど起点が複数になり地図の範囲も広がります。
 
<起点の例>
アクセス地図作成 起点を決める 写真画像
 
起点が決まり、徒歩と車で地図の範囲に違いが大きい場合、一つの地図に収めてしまうと分かりづらい地図になってしまうこともあり、ケースにより徒歩と車の各々の地図を作成するのが訪問者にはわかり易いかもしれません。

ルートを決める

起点から目的地までのルートを決めます。
 
このルートを決める時、訪問者は、目的地へ向かうのが初めてであることを想定し、なるべく単純で分かり易いルートにした方が良いでしょう。
 
<ルートの例>
アクセスルートを決める 写真画像
 
普段、利用している近道や抜け道など初めて訪問者にとっては分かりづらくなってしま場合があります。少し遠回りになっても分かり易いルートをお薦めします。

目印を決める

起点から目的地へ向かう途中の目印となる物を決めます。
 
訪問者にとって途中の目印があると、地図を見易くなり、さらに実際に目印を見つけることにより安心感がでてきます。
 
<途中目印の例>
アクセス地図 目印を決める写真画像
 
目印としては、目に付きやすい建物、公園、交差点、踏切などが良いでしょう。

目的地が分かるように

目的地に到着した時、目的地であることが分かるようにしておくことが大切です。
 
目的地であることが分かる看板などがあれば良いでしょう。
もしも看板など無ければと付近にある目印をしっかりと書いておきましょう。
 
例えば、XX消防署の前など、目立つ目印しがよいでしょう。
 
<目的地目印の例>
地図 目印サンプルの写真画像
 
※この例では、目的地は、消防署の前です。
 

アクセス地図の完成

アクセス地図の完成です。
 
アクセス地図の完成写真画像

<徒歩の場合>
・JRxx線 xx駅 南口より徒歩約5分 約400m
 
<車の場合>
・xx高速道 xxxICより約5km
(xxICから国道xx号xxx交差点まで約3km
国道xx号xxx交差点から目的地まで約2km 計5km)

 
アクセス地図とその説明文があると分かり易くなります。
説明文には、おおよその所要時間あるいは距離が書かれていると分かり易くなるでしょう。
 
特に車の場合、おおよその距離記載があると非常にわかり易い地図になるでしょう。この時、説明文ではなく地図上に、しかも途中の目印までの距離記載があると分かり易くなります。
 
このアクセス地図は、地図専用ソフトではなくマイクロソフトのExcelにて作成しており、簡単に作成することができます。 ==> Excelでアクセス地図作成方法 を参照ください。

アクセス地図 Excelで簡単作成

Microsoft Excel(エクセル)には、作図機能があり、簡単な地図や説明図を描くことができます。
このエクセルの作図機能によりアクセス地図の描き方を説明します。
 
※説明は、 Microsoft Excel 2010を使用しています。
他バージョンの場合、若干異なる可能性があります。
 
実際にアクセス地図を作成する前に考慮するポイントは ==> アクセス地図 作成ポイント を参照ください。

アクセス地図について

アクセス地図(アクセスマップ)は、WEBサイトやチラシ・広告などに掲載する店舗や施設への訪問者に対し道標になる地図です。
 
アクセス地図に必要な情報・要素として次のアイテムがあるでしょう。
 
■ 鉄道・駅
■ 道路・高速道路・IC
■ 交差点・信号機
■ 建物
 
これらのアイテムをエクセルにて描きます。
なお、「信号機」なども作れますが、ちょっと複雑になります。
このため複雑なアイテムは、WEB上の素材サイトからダウンロードしたほうが簡単かもしれません。

エクセルの作図機能について

アクセス地図のサンプル

このサンプルの全てのアイテムをMicrosoft Excel(エクセル)で描いています。
 
<アクセス地図のサンプル>
地図 写真画像

エクセルの作図について

Microsoft Excel(エクセル)の「図形」(オートシェイプ)および「テキストボックス」を使用し、
主に「図形」の直線、正方形/長方形、円/楕円、円弧などにて描きます。
 
<エクセルの図形>

 
<テキストボックス>
テキストボックス 写真画像
 
上記、赤丸印の図形をよく使用します。
 
各図形の色(塗りつぶしなど)、線の色、線のスタイル(実線/点線)などを調整しサンプルのようなアクセス地図を描きます。各図形の色、幅、実線/点線など調整は、「図形の書式設定」にて行います。
 
駅、建物などの名称は、文字入り「図形」の「テキストボックス/縦書きテキストボックス」あるいは「テキストボックス」を使用します。
 
前者と後者の違いは長方形などのボックスを回転させた時、ボックスの回転に合わせてテキストも回転するか否かです。前者は、テキストも回転し、後者のテキストは回転せずそのまま残ります。

エクセルにてアクセス地図の作成

道路・高速道路を描き方

道路は、「図形」の「直線」を使用し、線を描きます。
 
エクセルの図形 写真画像サンプル
 
「図形」の「直線」を選択し、ある地点からドラッグすると線を描けます。
ドラッグする時、真っすぐにならず斜めになったりする事も。
 
そんな時、「Altキー」を押しながらドラッグすると、セルのマス目に沿って直線を描けます。「Shiftキー」を押しながらドラッグすると、セルのマス目に沿わずに真っすぐな直線を描けます。
 
図形の直線を引く 写真画像サンプル
 
描いた直線を右クリックし、「図形の書式設定」を表示し、
線の色と線の太さを指定します。
 
エクセル 書式設定の写真画像
 
道路の色を指定します。色を変えると一般道路、高速道路が区別しやすくなります。
 
図形の書式設定の写真画像
 
道路の幅を指定します。道路の種類により幅を変えると道路が区別しやすくなります。
 
エクセル 書式設定 線のスタイルの写真画像
 
道路のできあがりです。
 
道路の完成の写真画像

鉄道・駅の描き方

鉄道の描き方は、基本的に道路と同じ操作です。
鉄道のポイントは、「黒の実線・太線」の上に「白の点線・細線」を重ね合わせることです。

黒の実線・太線 を描く

一般的に鉄道線路の模様は、黒・白のまだら模様です。
まず、黒の直線を描きます。この時、AltキーあるいはShiftきーを押しながら真っすぐ直線を描いた方が次の操作で楽に進みます。
 
直線の描き方は、道路と同じです。
線路の幅は、地図によりことなりますが、例として幅14PT、黒色の実線で描きます。
 
エクセル 鉄道の描き方 写真の画像

白の点線・細線 を描く

次に白の斑部分の直線を描きます。
ポイントは、黒の線より幅を細めにすることです。
直線を描く場所は、黒の直線の下が良いでしょう。
この時、AltキーあるいはShiftきーを押しながら真っすぐ直線を描いた方が次の操作で楽に進みます。
 
例として白の直線の書式設定は、幅10PT、白色の破線で描きます。
黒の直線は14PT、白の破線は10PTで、最終的に上下に2PTづつ黒線が残るようになります。
白で描いた直線は、見えませんので要注意です。
 
エクセル 鉄道の白黒実線の引き方写真画像

黒・白の直線を合わせ 鉄道線路の出来上がり

白の直線(破線)クリックし、編集可能とし、黒の直線(実線)の上にドラッグします。
この時、AltキーあるいはShiftきーを押しながらドラッグすると簡単に平行移動できます。
 
白の破線を黒の実線の真ん中に移動させると鉄道線路の出来上がりです。
 
鉄道線路 黒の実線に白の斑線を重ね線路作成完了の写真画像

駅を描く

駅は、「図形」の「テキストボックス」を使用します。
 
エクセルのツール・テキストボックスの画像
 
線路の近くをクリックし、駅名のテキストを入力します。
場所は、後で移動します。また駅自体のボックスの大きさは点線部分をドラッグすれば変更できます。
 
エクセルで駅を描く 画像
 
テキストボックスを右クリックし、図形の書式設定を表示します。
塗りつぶし: 白の単色
線の色:黒
 
これで駅の型がほぼできました。
 
駅を描く 塗りつぶしの画像
 
テキストボックスをクリックし編集可能にし、テキストを中央よりに、駅のボックスを線路の上にドラッグします。
 
駅名称テキストボックスの中央の画像
 
鉄道の線路と駅の完成です。
 
エクセル作成 鉄道と駅の画像

建物の描き方

建物の描き方は、鉄道の駅と同じ操作で、図形のテキストボックスを使用します。
必要に応じテキスト入力すればわかり易い地図になるでしょう。
また、塗りつぶし色を変えることにより、目的地と途中の目印が分かり易くなります。

その他アイテムの描き方

基本的に鉄道、道路、建物の描きかたと同じです。
工夫次第で「図形」にあるオブジェクトを使用すれば色々できると思います。

図形の配置順序の注意点

アクセス地図は、複数の図形を重ねて使用します。
この時、基本的には作成順序で重なります。
このため重なり部分に注意した方が良い箇所があります。
 
例えば、高速道路と一般道の重なり部分です。
一般道が高速道の下を通っている場合、高速道路が上になるように表示した方が見易くなります。
また線路と駅の表示で、見た目を駅を上に表示する場合などです。
 
重なり部分の調整は、図形を右クリックし、「最前面へ移動」と「再背面へ移動」で調整します。
 

アクセス地図の画像ファイル化

エクセルファイルから画像ファイルへ

Microsoft Excel(エクセル)で作成するアクセス地図は、xlsx形式のエクセル文書ファイルです。
エクセル文書形式のままでは、使用しづらいでしょう。
 
作成したアクセス地図をJPEG形式やGIF形式などの画像ファイルで作成するとWEB掲載などで簡単に使用できます。
なお作成したアクセス地図は、xlsx形式のエクセル文書ファイルでも保存しておくと、先々の変更に対応できます。
 
画像ファイルの作成方法には、いくつかありますが、ここでは簡単なスクリーンショットの方法を説明します。

エクセルの背景線

作成したアクセス地図(エクセル文書)を表示します。
 
エクセル文書なのでセルの枠線が表示されています。
この枠線(セルの線)表示を消します。
 
「表示」タブの「枠線」チェックを外します。
 
エクセル 図形の重なり順序の画像
 
枠線の表示が消えました。
これで表示がスッキリし、アクセス地図イメージそのものです。
 
エクセルシートの背景線の非表示 画像

スクリーンショット

枠線が消えたエクセルのアクセス地図を画面表示したままスクリーンショットを撮ります。
パソコンキーボードの「PrtSCキー」+「Fnキー」を同時に押します。
この操作により画面イメージが、メモリ(クリップボード)に記録されます。なお画面の状態は、何も変わりません。
(スクリーンショットのキー操作は、パソコンにより異なります。PCマニュアル参照ください)

画像ソフトへ取り込み

Photoshopなどの画像編集ソフトへ取り込みます。
ここでは、WindowsOS アクセサリソフトの「ペイント」で説明します。

ペイント ソフトへの取り込み

Windows10のアクセサリソフトの「ペイント」を起動し、「貼り付け」を選択します。
メモリ(クリップボード)に記録されているスクリーンショットイメージがペイントのウインドウに貼り付けされます。
 
スクリーンショットの画像

余分な部分のカット

必要に応じ縮小表示し、選択し易くします。
「選択」を選び、必要な部分をドラッグし、範囲選択します。
次に「トリミング」を選び、選択範囲外を削除します。
 
画像のトリミング
 
これでアクセス地図のみ、必要な部分が残りました。

画像ファイルへの保存

アクセス地図を画像形式のファイルに保存します。
一般的には、GIF形式かJPEG形式の画像ファイルです。
この画像形式ファイルによりWEBへ簡単に掲載できます。
 
画像ファイルの保存
 
アクセス地図の出来上がりです!
 
 
実際にアクセス地図を作成する前に考慮するポイントは ==> アクセス地図 作成ポイント を参照ください。